対象通貨:米ドル

世界のGDPの約25%を占め、軍事的にも強国な米国のドルは貿易決済などにも使われる基軸通貨として世界中で流通しています。

対象通貨:米ドル

最新コンテンツ一覧


【2019/08/01】




【2019/08/01】




【2019/05/13】



auda.png 年初来高値更新のドル円、類似点と相違点からのフラッシュクラッシュの発生リスクは

円安が進むのか?巷で噂されているフラッシュクラッシュはあるのか?年始フラッシュクラッシュ相場との類似点・相違点を徹底検証しました!


【2019/04/26】








【2019/01/07】








【2018/12/28】





【毎週火曜日更新】



【毎月初旬更新】



【毎月初旬更新】






終了したコンテンツ
yamauchishi.jpg2019年月別予想レンジと注目ポイント

当社スタッフ陣が人気の9通貨ペアを大予想!格言など解説付き!




yamauchishi.jpg2018年月別予想レンジと注目ポイント

当社スタッフ陣が人気の9通貨ペアを大予想!格言など解説付き!





【2018/11/26】



【2018/11/09】



【2018/04/19】



【2017/11/24】



※ご注意
当資料のいかなる内容も、将来の市場環境の変動等を保証するものではありません。取引開始にあたってはリスク・取引内容などを十分ご確認の上、ご自身の判断にてお取引ください。 外貨保証金取引は元本・収益を保証するものではなく、為替や金利の変動等により損失が生じることがあります。 また、お客様が預託した保証金以上のお取引が可能なため、為替相場や金利の変動等により預託した保証金以上の損失が生じる可能性があります。 当社が提示する為替レートおよびスワップポイントは売値と買値に差額があります。 取引手数料は無料。(ただし現受渡しは10ポイント)、必要保証金は、個人25:取引の額(想定元本)の4%、個人3:取引の額(想定元本)の30%、法人One: 取引の額(想定元本)に金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて毎週算出される為替リスク想定比率を乗じた額です。必要保証金額は一定ではなく為替レートにより変動します。 ポジション形成時のレバレッジは個人25で最大25倍、個人3で最大約3.3倍、法人Oneは上記で毎週算出される為替リスク想定比率に基づいたレバレッジが最大倍率です。


個人情報及び特定個人情報保護方針

上田ハーロー株式会社
登録番号:関東財務局長(金商)第249号
加入協会:(社)金融先物取引業協会(会員番号第1505号)
footer.gif
TOPに戻る