上田ハーロのストラテジストがお送りする週初めのFXショート解説!

為替見通しは週刊「ハロンズ」を参照して頂き、さらに注目ポイントを絞って解説するショートセミナーです。
市場の注目ポイントが日々変化する中、テクニカルポイントだったり、イベントだったり、考えがまとまらない場合、週初めに聞いてすっきりさせてしまいましょう!

お客様の相場に関するご質問をお待ちしています。

TOPに戻る
【講師紹介】

上田ハーロー株式会社 外貨保証金事業部
森 宗一郎

1987年にバークレイズ銀行入行。以降、JPモルガン・コメルツ銀行など外資系金融機関で為替ディーリング業務に従事し、アジア系金融機関では為替部門の立ち上げも経験。ユーロの前身であるERM通貨を中心にポンド、豪ドルをもカバーし、取引通貨は多岐にわたる。1999年ひまわり証券に移り、証拠金業界へ。前職の経験を活かし、トレーディング、顧客向けレポート・セミナー、情報配信、さらにマーケティング業務まで手掛け、2013年から上田ハーローに。実際のトレーディング目線で為替市場の動向を日経CNBC、ロイター、ブルームバーグ等にコメントを配信し、個人投資家の育成に努めている。上田ハーローFBコンテンツ SOU Cafe を立ち上げ、顧客向けの双方向配信サービスを展開している。
お問い合わせはこちら
24時間受付けています。     

電話受付:平日8:00~18:00
※ご注意
当社の開催するセミナーには外国為替証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容が含まれます。本セミナーで、外国為替証拠金取引の受託および勧誘を目的とする内容で、簡単な商品説明やご案内等をさせていただくことがございます。あらかじめご了承の上、ご参加ください。本セミナーの内容は、情報提供のみを目的としたものであり、お客様ご自身の投資判断の責任は負えません。取引開始にあたってはリスク・取引内容などを十分ご確認の上、ご自身の判断にてお取引ください。 外貨保証金取引は元本・収益を保証するものではなく、為替や金利の変動等により損失が生じることがあります。 また、お客様が預託した保証金以上のお取引が可能なため、為替相場や金利の変動等により預託した保証金以上の損失が生じる可能性があります。 当社が提示する為替レートおよびスワップポイントは売値と買値に差額があります。 取引手数料は無料。(ただし現受渡しは10ポイント)、必要保証金は、個人25:取引の額(想定元本)の4%、個人3:取引の額(想定元本)の30%、法人One: 取引の額(想定元本)に金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて毎週算出される為替リスク想定比率を乗じた額です。必要保証金額は一定ではなく為替レートにより変動します。 ポジション形成時のレバレッジは個人25で最大25倍、個人3で最大約3.3倍、法人Oneは上記で毎週算出される為替リスク想定比率に基づいたレバレッジが最大倍率です。


個人情報及び特定個人情報保護方針

上田ハーロー株式会社
登録番号:関東財務局長(金商)第249号
加入協会:(社)金融先物取引業協会(会員番号第1505号)